運輸マネジメント

株式会社オーエスピーは、輸送の安全を確保するため、以下のとおりに取り組んでまいります。

わが社の輸送の安全に対する基本的方針

  • ・経営トップは「輸送の安全確保」が事業経営の根幹であることを深く認識し、安全確保に関して必要なあらゆる処置を講ずるとともに、
     その最終的な責任も合わせて有することとします。
  • ・全従業員に「輸送の安全確保」が最も重要であるという意識を高めさせ、安全に関する目標・計画を周知徹底し、全社一丸となって
     継続的な安全性の向上に努めてまいります。
  • ・我々運送事業者は公共の施設である道路を利用させていただいている。交通弱者を守り、他の模範となれるような運転を常に心掛けてまいります。
  • ・輸送の安全に関する計画の策定、実行、チェック、改善(P.D.C.A)を確実に実施いたします。


  • 交通事故減少目標

  • ・交通重大事故(自動車事故報告規則第2条に規定する事故):0件
  • ・それ以外の人身事故:0件(平成22年度発生件数0件)
  • ・物損事故:0件(平成22年度発生件数1件)


  • 輸送の安全に関する組織体制及び指揮命令系統


    輸送の安全に関する組織体制及び指揮命令系統

    輸送の安全に関する重点施策

  • ・輸送の安全に関する法令を遵守し輸送の安全を確保します。
  • ・運行管理者に対し指導、監督を目的とした研修を実施して人材を育成します。
  • ・輸送の安全に関する内部監査を行い、必要な是正措置または予防措置を講じます。
  • ・輸送の安全に関する情報の連絡体制を確立し、社内において必要な情報を伝達、共有します。


  • 事故、災害等に関する報告連絡体制


    人身事故発生時

    輸送の安全に関する計画

  • ・安全のための内部チェックと改善を主導で実施する「安全管理委員会」の設置
  •   自動車及び輸送器具の安全総点検の実施
  •    安全性の高い新型車両購入
  •    遠隔地の点呼時に使用するアルコールチェッカーの追加導入
  •   健康診断、適性診断の定期受診


  • 輸送の安全に関する研修教育計画

  • ・運行管理者・運行管理代務者の教育を充実し、安全運行に対する意識向上を図ります。
  • ・事故内容の分析と適性診断結果を参考に乗務員への指導・教育を年間通じて実施し、再発防止及び安全運行に対する意識向上を図ります。
  • ・ヒヤリハット体験資料を有効活用し、安全会議にて輸送の安全計画を策定し実行します。
  • ・運行管理者は2年毎の法令に基づく講習を受講します。
  • ・整備管理者は2年毎の法令に基づく講習を受講します。
  • ・運行管理者は運転手に対し年間教育計画により教育(国土交通省告示1366号に基づく)を実施します。
  • ・輸送の安全に関する内部監査結果及び措置内容運行管理業務が適切に執行されているか内部監査を計画的に実施し、結果及びそれを踏まえた措置内容を公表します。